EngtA ワンポイントレッスンまとめブック化編集第2段階(33)

「健康寿命」(6月晦日は「大祓<おおはらい・え>」。神道儀式の一つとして12月の晦日と共に行われる行事です。「天下万民の罪穢<つみけがれ>を祓う」という意味で大祓とされているそうです。夏越し<なこし>の大祓の際には、宮中や多くの神社等では、写真のような大きな「茅の輪<ちのわ>」が作られます。 この結界内をルール通りにくぐることで、「半年間に溜まった病や穢れを落とし、残りの半年を無事に過ごせる」のだとか。 まずは、茅の輪の正面に立ち軽く一礼。ペコリではいけません。その後は各神社によって作法が異なります。参拝した神社の茅の輪の近くに、くぐり方の作法を通常図示してくれていますので、それに従って下さい。共通しているのは左回り右回りで「8の字」を描くということです。この一連の動きで、穢れや災厄を茅の輪に封じ込めたことになります。本殿へのお参りは、神様のの通り道である参道の中央を避けて向かいます。当然、多くの人達の良くないものが沢山遷されているので、茅の輪には触れないようにしましょう。心身を清め、次の半年を迎え健やかに過ごせるようにという願いを込めてお参りします)を志向するアットホームな教室 EngtAのページ: https://engta.jimdo.com/ ※次のリンクで、このブログでも使っている無料写真が利用できるので、紹介します:http://substance-ex.jp/Lch1395482/2213022 第五章 文法 動詞のタイプ  動詞の種類はいろ…

続きを読む

EngtA ワンポイントレッスンまとめブック化編集第2段階(32)

「健康寿命」(6月29日は、「佃煮の日」。佃煮の発祥の地とされる東京・佃島の氏神である住吉神社の創建が、正保3年6月29日=新暦1646年7月27日であることにちなんで、全国調理食品工業協同組合が記念日に制定しています。江戸時代から伝わる日本の伝統的食品加工技術であり、保存も利き栄養価も高いので、これも「よくぞ日本に生まれけり」という心境にさせてくれます。海が荒れ不漁の時にと佃島の漁師が、保存出来るように工夫して、小魚を煮込み、非常用備蓄食にしておいたものを、住吉神社に訪れる参拝客に振舞ったのが始まりだとか。 しかし、その原型が実はなんと大阪にあったそうです。時代はまだ戦国の世であった頃に遡ります。織田信長が討たれたと知った家康は、その頃堺に陣取っていました。我が身の危険を感じて、三河に戻ろうとするも、光秀の手が回り退路を断たれ、やむなく迂回して今の住吉区神崎川にさしかかります。しかし、渡る船がなく足止めに遭って難渋。佃村=現在の西淀川区佃町 の庄屋「森 孫右衛門」とその配下の漁民たちが、備蓄していた小魚煮を道中食として差し出しました。お陰で一行は、無事岡崎城に辿り着くことができたのだそうです。 住吉つながりと言い、佃つながりと言い、何か不思議なものを感じます。それに、もしかしたら、佃煮という保存栄養食がなかったら江戸時代は無かったかもしれませんね)を志向するアットホームな教室 EngtAのページ(英語エンタ&カラオケエンタ): https://engta.jimdo.com/ …

続きを読む

EngtA ワンポイントレッスンまとめブック化編集第2段階(31)

「健康寿命」(6月28日は、「JAZZりんごの日」です。正式名 'Scifresh' はニュージーランド産で、平成23年のこの日、日本に初めて輸入されたことを受けて記念日に制定されました。JAZZりんごは、ニュージーランドを代表する品種で、黄色がかった部分がやや多いのが外見的特徴。シャキシャキした歯触りがあり、やや硬めで、甘味と適度な酸味があり、日本のリンゴと比べてかなり小ぶりなので、丸かぶりにとても適しています。いつの頃からか日本のリンゴは大きく立派になりすぎて、手軽に丸かぶりがしにくくなってしまいました。こういう小ぶりのリンゴがあると、とても嬉しいです。リンゴは全般的に身体に良いということは広く知られていますが、このリンゴ、血糖値の基準となるGI値が低く、食後の血糖値の上昇が緩やかというのも良いと思います。そして、ビタミンCや食物繊維、抗酸化作用のある栄養素を含んでいるので、健康効果も期待大です。個人的な好みとしては、黄緑色の Granny Smith や 日本の紅玉が良いのですが、なかなか手に入らないのが残念です)を志向するアットホームな教室 EngtAのページ(英語エンタ&カラオケエンタ): https://engta.jimdo.com/ ※次のリンクで、このブログでも使っている無料写真が利用できるので、紹介します:http://substance-ex.jp/Lch1395482/2312992 第四章 世界の国々 <Countries in the World…

続きを読む