EngtA ワンポイントレッスンまとめブック化編集第3段階(48)

9月30日は、毎年気象庁の「紅葉の見頃予想発表日」です。紅葉や桜の開花を予想する国って珍しいようです。四季に恵まれた日本ならではの予測と言われています。 Weather News に至っては、9月4日に早々と「第1回紅葉見頃予想を発表」しています。その予想によると今年は残暑の影響で例年よりおしなべて遅れ気味になるとのこと。 記憶を辿ると、昔は10月下旬辺りから11月にかけてが紅葉シーズンという感じでしたが、今はひと月近く遅くなっている印象があります。 地球温暖化については諸説あり、どれを信じて良いか正直わかりませんが、体験的には確かに暖かくなっていると言えます。ただ、人間スパンと地球スパンは相当な開きがあるので、よく言われる「このまま行けば南極の氷が溶けて世界が水浸しになる」ようなことにまでなるとは思えないのも正直なところです。今は兎に角、純粋な科学に基づく情報ではなく、利害が絡んだ思惑によるところからの情報で溢れていますから、少なくともそのようなものに翻弄されたくないという気持ちがあります。 話を紅葉に戻しますが、最近の色は昔の色に比べて鮮やかさが劣化していると思います。いつも紅葉の名所に行って思うのは、「もっと鮮やかでキレイなものを期待していたのに」ということです。寒暖差にもメリハリが無くなっているからでしょうか。今年の紅葉はどうですかね。 「健康寿命」を志向する EngtAのページ(英語エンタ&カラオケエンタ): https://engta.jimdo.com/…

続きを読む

EngtA ワンポイントレッスンまとめブック化編集第3段階(47)

9月29日は、意外にも「肉の日」は出てこない、と思ったら、毎月29日なんだそうです。今日見つけたのは、「招き猫の日」です。「くるふく」という語呂合わせで、「いつも手を挙げて、私たち人間に福を招いてくれる『招き猫』に一年に一度くらいは感謝する日があってもいいのではないか」という思いから、日本招猫倶楽部が記念日に制定しています。 招き猫は挙げている手によって御利益が違う(諸説あり)そうです。右手:お金、福;左手:お客さん、人、交流 とのこと。ならば両手を挙げた招き猫を置けば全部の御利益を得られるのではないかと思うかもしれませんが、やはりこれも「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。あるにはあるようですが、欲張りすぎて「お手上げ状態になる」と言われて、人気がないようです。 色はどうでしょうか?代表的には白が基調の三毛柄ですが、他にも様々な色がありますね。 それらの御利益を調べてみると次のようなものがありました: 金:金運アップ; 黒:魔除け、厄除け; 赤:病除け; 青:学業向上; 緑:交通安全、家内安全; ピンク:恋愛 ということです。これも全種類揃えようなんていう人はいないと思いますが、少しでも考えた人はほどほどに。 健康を意識すれば、赤色の招き猫ということになりそうですが、飾る色としてはちょっと考えてしまいます。 「健康寿命」を志向する EngtAのページ(英語エンタ&カラオケエンタ): https://engta.jimdo.com/ 第8章 接頭辞と接尾辞 …

続きを読む

EngtA ワンポイントレッスンまとめブック化編集第3段階(46)

9月28日は、日本テレビが世界初の音声多重放送を開始した日です。昭和53年のことでした。10月にはNHK、フジテレビ、TBSも開始しています。 今や音声多重放送は当たり前ですが、実現までには様々な実験がなされ、方式の統一という問題もあって、紆余曲折があったようです。 ステレオ放送で音が格段に良くなり、副音声を活用することでテレビの楽しみ方が広がりました。 英語の勉強のためにも副音声は役に立ちます。ある程度英語を勉強した人にとっては、耳を慣らすためには特に有効です。例えばアメリカのドラマを録画して、最初は主音声で見て内容を把握して、次に副音声で見ると、「ここはこういう風に言っていたのか」と気づくことが度々あると思います。画面に字幕が表示される場合は、その日本語と聞こえてくる英語を比較するのも興味深いです。字幕は時間内に読める文字数が限られるため、かなり省略した意訳になっているのが実情です。そこで英語を聴くことでより深い理解が出来るようになることが多々あることでしょう。 第8章 接頭辞と接尾辞 接辞(affix)=接頭辞(prefix)& 接尾辞(suffix) Vocabulary を増やす有効手段! (1)Prefix a- : afoot = on foot;  ashore = on the shore; aside = on the side;  amoral = not/without moral;  atypical = not typical…

続きを読む