EngtA ワンポイントレッスンまとめブック化編集第5段階(8)

EngtA ロゴ scanned.jpg

今回は、「バーチャル」、"VR" という言葉にスポットライトを当ててみました。

第一章 カタカナ英語の落とし穴
238.バーチャル
英語のvirtual は形容詞で基本的な意味は、「実質・事実・実際上の、実質的な」で、物理分野で用いられるときは、 「仮(想)の、虚(像)の」という意味を持つことがあります。コンピュータ用語でも「仮想の、バーチャルな、ネットワーク上の」という意味で使われます。中でもよく聞くVR は、virtual reality =仮想現実(厳密には、「現実ではないが現実も同然のようなもの」)のことです。これは、「目の前にある現実とは違う現実を体験できる、或いは人工的に作られた空間で現実のような体験ができる技術」を意味します。
身近なところではPlayStation VR などに見られるゲームの世界や "Total Recall" "Matrix"
"Avatar" "Tomb Raider" "Minority Report" "Tron" といった映画でも多く用いられています。
virtualと語源が同じ語には、virile=男性的な、virility=男らしさ、virtually=事実上、virtue=美徳、virtuous=徳の高い、などがありますが、それらの共通部分である vir には、「力」という意味があります。これらの語はすべてそこから派生してできた言葉のようです。
VR.jpg







第二章 日本文化他・事象と英語表現

1. 初日の出、初夢
新年の挨拶は英語で、Happy New Year! ("A" は不要です)。
I hope we can be of some help for you this year as well. (「本年もよろしく」は、相手とか状況によって言い分ける必要があります)
さて、「初日の出」「初夢」ですが、"the first sunrise / dream of the year" とほぼそのまんまです。
ちなみに「一富士二鷹三茄子」は、"the three lucky items to dream about in the New Year:
Mt.Fuji, hawk and eggplant in order of luck" と説明すればわかってもらえると思います。

2. 初売り、書き初め
「初売り」は、"the first sale in the New Year" で良いですが、少しひねって、"retailers' first
business in the New Year" とも言えます。
一方、「書き初め」ですが、単純に "the first writing of the year" では直訳すぎて、「それがどうしたの?」と言われてしまいそうです。せめて、"writing" を "calligraphy" とすると、少しはイメージが掴めるかもしれません。次のように目的を説明に加えればもう少ししっくり来ると思います: "with congratulatory words or prayer for happiness"
*retailer は、「小売業の人、店」を意味します。congratulatory は、ややこしい単語ですが、
"Congratulations!" 「おめでとう!」は聞いたことがあると思います。これも最後の s が抜けやすいので要注意です。動詞形は congratulate 「祝う、祝辞を述べる」で、形容詞形が
congratulatory 「祝賀の、祝う気持ちを込めた」です。

3. 駅伝
発祥は約100年も前に京都三条大橋から東京上野不忍池までの500kmあまりの距離をリレーしたとか。今や世界でも認知度が上がり、そのまま "ekiden" で通じることもあるくらいです。
もちろんわからない人には説明が必要ですが、 "long-distance relay race" "marathon relay"
"road relay(これが国際名称)"でイメージは掴めると思います。
正月2日、3日は「箱根駅伝」"the Hakone Ekiden relay race" で盛り上がりを見せますね。

4. 福袋
今やハワイなどでも見られる「福袋」ですが、端的に言ってしまえば "lucky bag" とか
"mystery bag" です。ただ、最近の傾向は、 "mystery" の要素はなくなり、中身が見えるもの
"the contents are revealed beforehand" が主流になっています。
説明を加えると、 "with random contents worth much more than the purchase price" 「購入額よりずっとお得な、定まっていない中身が入った」ということにでもなるでしょうか。
*reveal 「暴露する、明らかにする」

5. 初競り
新年にはマグロの初競りがあります。「競り」は「競売」のことですから、"auction" です。文字通り「初競り」は "the first auction" "the opening-day auctions" と言えます。「マグロが今年の初競りにかけられた」と言いたいなら、 "Tuna were sold at this year's first auction." で
OKです。
ちなみにマグロは「延縄漁」"longline fishing" で「捕獲され」"captured" ます。
*tuna は単複同形ですが、tunas が使われる場合もあるようです。

6. 出初式
1月初旬、消防関係者 "firefighting officials" による仕事始め行事を「出初式」と呼びます。英語圏にはそういうものはないので、単語としては存在しません。
こう言えばイメージできるということで考えると、 "the New Year's parade of the firefighting
officials" のような言い方で良いと思います。 "parade" には、「行進」という意味だけではなく、「閲兵式」や「誇示」という意味もあるので、実際の「出初式」と近いものを表すことができると思います。

7. 七草粥
1月7日は七草粥を食べる日とされています。
無病息災 "sound health" を願って、また正月の暴飲暴食 "eating and drinking too much" で疲れた胃を休めるために食べられます。
「おかゆ」に当たる英語は、"rice porridge" ですが、 "porridge" というのは、"oatmeal" などの穀物をミルクや水で煮て作るものなので、「七草粥」を英語で表現すると、"Japanese rice
porridge with the seven herbs of spring" と "Japanese" を入れたほうが良いと思います。

8. 元号
1月8日は「平成」が始まった日です。
西暦1989年1月7日に昭和天皇崩御があり、それが昭和最後の日となりました。そして、新しい「元号」"imperial era name" が発表され、翌日から「平成」がスタートしました。
また、平成31年 "the 31st year of the Heisei era" が平成最後の年になります。
平成31年は4月で終わり、5月1日に新元号「令和」が始まりました。時代の節目( turning point of the era )としての元号に、不思議( mysterious )で意味深い( meaningful,
profound, significant )ものを感じます。元号は今の時代不要では?という声も聞こえてきますが、日本の identity の一部とも言える元号がなくなれば、日本ではなくなる気がします。「日本なんかあってもなくてもどうでもいい」という人以外は、寧ろ当然のこととして、元号を自然に使い続けると思います。

9. とんち
1月9日は語呂合わせで、「一休さん」との連想で、「頓智の日」とされています。「とんち」という意味の英語は、"quick wit" です。「ウイット」は日本語の中でも「ウイットに富んだ人」 "quick-witted person" という風に使われたりします。「頭の回転の速さ」というイメージを加えて "quick" を付けるとほぼピッタリの意味が出てきます。 "quick" の他に、"ready"
"sharp" "nimble(=quick)" なども使えます。

10. 110番
1月10日は「110番の日」です。「警察への緊急ダイヤル」 "the (Japanese) emergency
police phone number" で、「110番する」は "call 110" です。(発音の仕方は、数字を1つずつ "one-one-oh" でOKです。
ちなみにドイツ、台湾、中国、韓国などでも「110番」のようです。米国、カナダでは、警察も消防も「911番」で、イギリスでは「999番」です。

11. えべっさん
最近は「成人の日」 "Coming of Age Day" がこの辺りに来て、昭和人間としては違和感があるのですが、1月9日~11日は「えべっさん」です。"Ebisu or the god of fishing and
commerce" で各地の恵比寿神社が賑わいます。"festival in honor of Ebisu" が「えべっさん」」のお祭りということになります。9日「宵戎」 "festival eve"、10日「十日戎」"Ebisu Festival on January 10" 、そして11日「残り福」 "luck-in-the-last-helping festival" です。

12. スキーの日
1月12日。制定されたのは、平成6年とのことですが、この日になった根拠は、明治44年にオーストリアの軍人に青年将校たちが滑り方を習った日で、それが日本でのスキーの始まりだとか。
"ski" はそのまま動詞として使えます。
"I ski." と言えば、「スキーをする」という意味です。他にも動詞として使えるスポーツがいろいろあります。
"skate" "skateboard" "snowboard" "jog" "swim" "yacht" "bowl" "scuba dive" "snorkel" などなど。

13. 六曜
簡単に英語で説明すると、「六曜」は、 「和暦における6つの吉兆表示」ということなので、 "Japanese calendar's six labels that indicate how auspicious (lucky or unlucky) each day is" と説明できます。
「先負」は、 "unlucky in the morning" 、「先勝」なら "lucky in the morning" で基本的には
OKです。
「大安」は、 "the luckiest day" でOKですが、「友引」は少し説明が必要です。文字通りには、 "a friend-pulling day" でしょうが、これでは何のことやら理解できません。意味内容から考えると次のように説明できます: "a good day for happy events but a bad day for unhappy
ones" 更に理由をつけて、 "because it is a day when your luck affects your friends'" とすると概ね伝わると思います。
「赤口」は、 "bad luck all day except at noon" です。 "Especially be careful of red things
such as fire and edged tools." 「赤」という漢字が "red" の意味ということを伝えると良いでしょう。
「仏滅」は、"This literally means Buddha's death, so it is the worst luck day in the six-day
cycle." で理解されるでしょう。

14. SMAP解散
平成28年、国内にとどまらず、海外でも話題になりました。英国の国営放送BBCでも "SMAP might be on the verge of a breakup" と報じられたほどです。
"on the verge of" は慣用表現で、「今にもそのような状態になっている」ということを表します。 "might" が使われているので、「そのような状態かもしれない」と、断定はされていませんでした。当時は「交渉中」 "in negotiations over their future" と報じられていましたが、結局breakup になってしまいました。

15. 阪神淡路大震災
平成7年のことでした。 "Time flies!" 「光陰矢のごとし」ですね。英語では、 "The Great
Hanshin-Awaji Earthquake" です。
「1995年1月17日、午前5時46分53秒に起こりました」 "It occurred on Jan. 17,
1995 at 05:46:53 JST." "JST" = "Japan Standard Time"
亡くなられた方々の御冥福を祈ります。"Let's pray for the happiness of the dead victims in
the next life."

16. センター試験
「統一入学試験」 "the unified entrance examinations" である、「大学入試センター試験」。英語では、"National Center Test for University Admissions" と表現されています。
"admission" は、「入場、入会、入学が許されること」を意味します。この言葉の動詞型は、 "admit" 「認める」です。
このセンター試験も2020年度から「大学入学共通テスト」というものに変わる予定です。例えば、英語は2技能から民間の試験も併用され、4技能が評価されるようになるそうです。

17. 空気清浄機
1月19日は、「語呂合わせ」 "Japanese wordplay or pun" で、「いい空気」ということから「空気清浄機の日」(平成18年~)だそうです。英語では、"air cleaner" とよく紹介されていますが、英語の記述としては、 "air purifier(不純物を取り除く装置)" が多く使われているようです。

18. 暴風雪
北日本や日本海側の各地では、「暴風雪」が襲うことがあります。この言葉に当たる英語は日本でも馴染みのある "blizzard" または "snowstorm" です。
"blizzard" は、松任谷由実の歌の中にも出てきますね。"snowstorm" は、そのまま「雪嵐」です。
ちなみに "blizzard" には、その激しいイメージから、「殺到」という意味もあります。例えば、 "a blizzard of questions" は、「質問攻め」ということになります。

19. 第9惑星
太陽系の一番外側にもう一つ未知の惑星が存在する可能性が2016年1月20日、米カリフォルニア工科大の研究チームによって発表されました。取り敢えず名前は、"Planet Nine" とのこと。水金地火木土天冥海 "Mercury, Venus, Earth, Mars, Jupiter, Saturn, Uranus, Pluto and
Neptune" の遥か外側を1~2万年かけて1周するとか。It would take this new
planet between 10,000 and 20,000 years to make just one full orbit around the sun. (ここの"would"は、「はっきりその存在が確認されたら、そういうことになる」というようなニュアンスを出すためです)
<参考> In 2006, Pluto was reclassified as a dwarf planet. ということで、冥王星は「惑星」ではなく、「準惑星」という分類になってしまっています。2006年に「惑星」の定義が次のように明確にされました:
① 太陽の周りを回っていること  ② 自分の重力で球形を保っていること  ③ 付近の軌道から他の天体を一掃していること
冥王星の軌道が楕円形で、定期的に海王星の軌道より内側に入り込む等の点で「惑星」から除外されてしまったということです。

20. 情報流出
「情報漏洩」という言葉も使われます。
"information leakage" ですが、「リークする」というのは、日本語の中でも使われます。
"leakage" は、 "leak" という動詞の名詞形です。
「暴露」になると、 "disclosure" (dis+close の名詞形)や "exposure"(特に秘密の暴露)、
"revelation" (revealの名詞形)などが使われます。

21. アーモンドの日
本場アメリカでは2月16日のようですが、日本では、「1日23粒が成人女性の摂取目安量」
"Twenty-three almonds a day for an adult female" ということから、1月23日が "Almond
Day" とされているようです。
アーモンドの歴史は古く、紀元前1400年頃には認識されていたとか。そして、 "full of
vitamin E, magnesium, and fiber, and can help lower cholesterol" というすぐれものです。

22. 両成敗
2016年、ベッキーとゲス極ボーカルとの不倫騒動(illicit=社会的に許されない love affair)に関連して、「両成敗」という言葉が頻繁に聞かれました。英語では、 "both are to blame" と表現されます。
また、「喧嘩両成敗」というのは、中世日本の法原則で、 "one of the principles of law in
Medieval Japan" という説明もあります。英語では、「二人いないと喧嘩はできない」という意味合いで、 "It takes two to make a quarrel." となります。

23. 左遷
1月25日は菅原道真が太宰府に左遷された日だそうです。
"He was exiled to Dazaifu." とすると、「追放された」「流罪となった」というニュアンスですが、文字通り「左遷された」と言いたければ、
"He was relegated to a lower position of Dazaifu." です。
ちなみに左遷された地位は、「太宰権帥(だざいのごんのそち)」 "Provisional Director of
Dazaifu, Kyushu branch government" とのことです。

24. 防犯カメラ
普及が著しい「防犯カメラ」。直訳して "crime prevention camera" という記述もなくはないですが、もっと広い意味で「安心」「防止」という要素も入るので、"security camera" と言ったほうが良いと思います。 "security" は、「安全」「保障」全般に広く用いられる言葉です。
これの形容詞・動詞型は "secure" で、「心配のない状態(にする)」を表現します。

25. 最低価格保証
その店の絶対的な競争力が必要な最低価格保証。「最低価格」は、 "the lowest price" で、その「保証」なので、 "guarantee" を使うと、単純には "the lowest price guarantee" と言えますし、それで通じると思います。更に「制度」という言葉を付け加えて、 "guaranteed minimum price system" というふうに、 "guarantee" を動詞として使い、 "minimum" 「最小限度」を表す言葉を使うことも可能です。

26. ムカついた
安易に使われすぎと思われるこの言葉ですが、2016年1月30日のサッカーU―23アジア選手権決勝で見事な逆転勝利を導いた手倉森監督が「2点取られてムカついてた」と話してました。英語では何と言えばよいでしょうか? 文字通りには、 "I was irritated." で良いと思います。もっと神経に来ていたら、 "It got on my nerves." と言えます。
また、「目が覚めた」とも言っているので、 "I got irritated, but it awakened me (又は、
brought me to my senses." というような言い方ができます。

27. 電力自由化
平成28年4月、「電力自由化」が実施されましたが、これを直訳すると "electricity
liberalization" で、これでも意味は通じると思われます。英字新聞の報道などでは、 "electricity
deregulation" と訳されています。
"regulation" は、「規制」を意味しますから、それに「否定・逆転」の意味を持つ接頭辞 "de-" を付けて、「規制撤廃」となります。
「電力市場を自由化して」 "liberalize Japan's electricity market" 「地域独占に終止符を打つ」 "end regional monopolies" ことになります。

28. ジカ熱
日本での流行も心配された「ジカ熱」。ズバリ "Zika fever" です。以前流行した "dengue
fever" と似た症状が出るとのことです。fever, rash「発疹」, joint pain「関節痛」,
conjunctivitis 「結膜炎」, muscle pain and headache など。通常は、数日から1周間程度で治癒するそうですが、まれに死に至ることもあるとか。 "Deaths are rare." "transmitted to
people chiefly through the bite of an infected mosquito" なので、蚊には気をつけましょう。

29. 節分
文字通りには、 "seasonal division" で、春に限らす、どの季節の節目も「節分」です。今は特に立春の前日のことを意味します。ということで、 "the day of the beginning of spring" と説明できます。旧暦 "the lunar calendar" では、 "New Year's Eve" です。昔は、「節分」ということもありましたが、「年越し」と言っていた記憶があります。

30. アメリカ大統領選挙
長い長い戦いのアメリカ大統領選挙。
"American presidential election" としたいところですが、やはり "the U.S. presidential
election (of 20XX )" と正式に表現するべきでしょう。
2016年は、Iowa から始まった選挙戦、結果、共和党候補 "Republican (presidential nominee) は、Ted Cruz、民主党候補 "Democratic ~" は、Hillary Clinton に軍配が上がりました。大勢が判明するのは半年も先だとか。
で、結果はご存じの通り、下馬評( rumor, speculation )では泡沫候補( minor / outsider
candidate )扱いだった Donald Trump が大統領( the 45th president of the United States )に選ばれました。メディアの外し方がハンパなかったですね。
さて、2020年また大統領選が行われます。トランプ再選なるか否か。

31. 円相場
ドル売りが進むと( dollar selling spree=わぁっと盛り上がる状況を表す言葉)、円高ドル安
( strong yen and weak dollar )になりますし、その逆ももちろんあります。
「円相場」は、"the exchange rate of the yen" です。
例えば、 "The exchange rate of the yen is now a little less than one hundred and ten yen to
the dollar." といった具合に表現します。

32. 啓蟄
「蟄」は虫の冬眠を意味し、「啓」は開放すること。ということで、虫たちが冬眠状態から覚めて(開放されて)外に這い出てくることです。"awakening of hibernating insects" と訳されます。
"wake" も、「目覚める・覚醒する」という動詞(名詞もあります)ですが、"awaken" も同じ意味があります。更に "awake" も同じくで、すべて「目覚めさせる」のように他動詞としても使われます。また "awake" は形容詞としてもよく使われ、 "I'm awake." 「起きてますよ」という感じです。
"hibernate" は、ズバリ「冬眠する」です。ちなみにコンピュータの「休止状態」も意味します。

33. 北方領土の日
1855年(安政元年)2月7日、日露通好条約が結ばれました。On February 7, 1855, Japan and Russia signed the Treaty of Commerce,
Navigation and Delimitation. "delimitation" は、「(領土の)画定」です。ということで、この日は、 "Northern Territory Day" です。
"territory" は、不可算名詞で「領土」という意味を持ち、「個々の領域」が意識される場合は、可算名詞になります。従って、歯舞・色丹・国後・択捉島を意識したら、"Northern
Territories" と言うこともできます。
日本に返還される日はやってくるのでしょうか?

34. ロカビリー
昭和33年2月8日、有楽町の日劇でウェスタンカーニバルが開かれたということで、この日は "rockabilly" の日とされています。「黒人音楽とロック」の融合、 "a fusion of black music
and country music" という説明があります。
"rock 'n' roll" と "hillbilly music" との "hybrid word(混成語)" で "rockabilly" です。 "hillbilly" は、カントリーミュージックの原型と言われています。

35. 漫画の日
2月9日は漫画家、手塚治虫の命日 "the anniversary of the famous cartoonist, Osamu
Tezuka's death." ということで、漫画の日だそうです。
"cartoon" は一般的な言葉で、「漫画本」なら "comic book" です。米語では、 "comics" で「漫画」を意味します。最近では日本の漫画やアニメが世界で人気になり、 "manga" とか "anime" で通じる場合も増えています。

36. 建国記念の日
"National Foundation Day"
元々は「紀元節」 "Empire Day" という名称で、2月11日は、明治5年から昭和23年まで祝日でした。そして、昭和41年に「建国記念の日」として復活しました。
紀元前660年、(当時の暦では1月1日)神武天皇の即位を記念して定められたそうです。
"This day marks the accession of Jimmu, the first Emperor of Japan to the throne in 660 BC."

37. 春一番
主に本州(東北を除く)で立春から春分の間に吹く南寄りの強い風のことをこう呼びますが、「春一番」は、 "the first strong south winds of the year signaling the beginning of spring" と表現できます。また、 "the spring-heralding storm" という言い方もできるようです。 "herald" は、「告げる」という意味があるので、「春告嵐」ということになります。
春一番の後は、「寒の戻り」 "recurrence of cold" があったりします。

38. 憲法改正論議
「憲法」 "constitution" 、
「改正」 "reform" "revision" "amendment"
「論議」 "debate" "argument" "discussion"
これらを繋ぎあわせて、例えば、
"debate on the revision of the Constitution of Japan" というふうに表現できます。
是非、主権国=sovereignty として相応しい憲法を持ちたいものです。

39. 天使の囁きの日
2月17日。北海道幌加内町の「天使の囁きを聴く会」が1994年に制定したそうです。
文字通りには、 "an angel's whisper" ということになります。
これは一体何のことかと思ったら、実は "diamond dust" のことだとか。あの美しさときらめきを見ていたら、まるで天使の囁きが聞こえてきそうだから、ということでしょうか。
ちなみに "ice crystals" という別名もあるそうです。

40. 嫌煙運動の日
昭和53年の2月18日、東京・四谷で「嫌煙権確立をめざす人々の会」が設立されたそうです。
"anti-smoking campaign" が世界中に広まって久しいですね。
特にアメリカでは、 "anti-smoking ads (advertisements)" が盛んで、中にはすごく恐ろしげな
"gruesome" ものもあります。










この記事へのコメント