EngtA ワンポイントレッスンまとめブック化編集第5段階(9)

EngtA ロゴ scanned.jpg

今回は、テレビでよく聞く「ワイプ」=wipe について触れたいと思います。

第一章 カタカナ英語の落とし穴
239.ワイプ
テレビを見ていると(特にバラエティ系やニュース番組など)、画面の隅に別の映像(出演者などの表情など)が出ていることがよくあります。これを「ワイプ」と読んでいますが、これは英語の wipe なのでしょうか?
この言葉に関してよく知られているものとしては、車のワイパー= wiperがあります。まさに 「wipe するもの」ということです。基本的な意味は、「拭う、拭き取る」です。
wipe the dishes / my face のように使います。フレーズとして wipe down=(湿った)布で上下に拭く、wipe up=拭き取って取り除く、wipe off=拭き取る(wipe off dirt, wipe tears off
your face, etc.), wipe out=(「拭き取る」以外にも「消し去る」「全滅させる」「徹底的にやっつける」「疲れさせる」「酔わせる」「落ちる」など意味の幅が広い)があります。ちなみに I'm wiped-out. と言うと、tired out や worn out と同様に「へとへとに疲れた」という意味です。baby wipes なら名詞として、「赤ちゃん用のウェットティシュー」を意味します。
さて、テレビ業界で使われる「ワイプ」はやはり英語圏で使われることはないようです。和製英語と考えていいと思います。英語では、split screen や picture-in-pictureと呼ばれるものが近いと思います。英語で wipe を使うと、本来の意味から、スーッと左右・上下・斜め上下に拭うように画面が動きながら別の画面に切り替わるイメージのものになります。

ワイプ.jpg 







第二章 日本文化他・事象と英語表現

41. 歌舞伎の日
1607(慶長12)年の2月20日、出雲の阿国が江戸城で初めて歌舞伎踊りを披露したとのこと。
英語でも "kabuki" ですが、知らない人にはチンプンカンプンですので、説明を加える必要があります。
"a traditional Japanese form of theater" これで「日本の伝統的な演劇」であることは伝わります。更に、"an art form with elaborately (手の込んだ) designed costumes, eye-catching
make-up, outlandish(風変わりな) wigs, and the exaggerated (誇張された) actions
performed by the actors" と付け加えると、特徴が伝わり、少しイメージが膨らみそうです。

42. 「富士山の日」だけじゃない
2月23日は語呂合わせがしやすい日です。
「223」は「フジサン」 "Mt. Fuji" だけではなく、「風呂敷の日」"Japanese wrapping
cloth" は、「ツツミ」から京都ふろしき会が制定したそうです。更に、「妊婦さん(ニンプサン)の日」でもあるとか。 "pregnant woman" はそのままの意味ですが、 "expectant mother"  (出産が待ち望まれる母親というニュアンス)という言い方もあります。

43. 閏日
4年に一度、2月29日がやってきます。「閏日」 "leap day" です。
同じく4年に一度の「閏年」 "leap year" は、 "Olympic year" でもあります。
"the extra day in a leap year" は、 "February 29th" (グレゴリオ暦= Gregorian Calendar) ですが、 "Feb. 24th" のところ(ユリウス暦= Julian Calendar)もあるそうです。

44. ひな祭り
"Dolls Festival" "Girls' Festival" などと英語では紹介されています。また、「桃の節句」という言い方もあるので、文字通りの意味として、 "peach festival" というのもありますが、それほど一般的ではないようです。
「女の子の幸せと健康な発育を願う」"pray for the happiness and healthy growth of girls" で、「平安時代の皇族の衣装をつけた人形を飾り」 "setting up a display of dolls in costumes of the imperial court in the Heian period" 「それらを魔除けのお守りとして江戸時代に始まった」"It started in Edo period as a way of warding off evil spirits, with the dolls acting as a
charm." そうです。

45. 珊瑚の日
3月5日、やはり語呂合わせです。
「珊瑚」は、 "coral" で、「サンゴ礁」は "coral reef" です。
世界一のサンゴ礁地帯である、オーストラリア北東部の "Great Barrier Reef" は有名です。
また珊瑚は3月の「誕生石」 "birthstone" でもあります。

46. スポーツ新聞の日
昭和21年の3月6日、日本初のスポーツ新聞『日刊スポーツ』が創刊されたことから。英語では、 "sports (news)paper" ですが、 "sporting (news)paper" とも言えます。この場合、
"sporting" は「スポーツ関連の」という形容詞です。
昔、イギリスに "The Sporting Times" という週刊新聞があったそうです(1865~1932)。文字通り「スポーツ記事中心で、取り分け競馬記事が多かった」 "devoted to sport, chiefly to horse
racing" ということです。
<参考> "sport" には「スポーツ」「競技」以外にも様々な意味があります。
"I had great sport." = "I had a great time."
"He's a good sport." 「潔い(さっぱりした)いい奴」
その他動詞としても「ふざけて遊ぶ」とか "The boy sported his new cap." 「(誇らしげに)見せびらかした」などなど。
一方 "athletics" という言葉は、「競技・スポーツ・体育」等意味の範囲は "sport" と比べて限定的です。

47. 東日本大震災から8年(2019年3月11日時点)
"the eighth anniversary of the Great East Japan Earthquake and Tsunami" です。
「犠牲になられた方々のご冥福を祈らずにはいられません」
"I cannot help praying for the happiness of the dead in the next world."

48. 春分の日
3月20日か21日は「春分の日」で「彼岸の中日」とも呼ばれます。英語では "the spring /
vernal equinox" で、"vernal" = ”of spring" 、 "equinox" というのは、「昼と夜の長さが等しい日」 "day and night are of equal length" を意味します。
「彼岸」は「仏教用語」 "Buddhist term" で、 "the other shore(向こう岸), a metaphor(比喩) for Enlightenment(悟り)" というような説明が必要になります。
ちなみに「暑さ寒さも彼岸まで」は、"Neither heat nor cold lasts beyond the equinox." と表現できます。

49. 世界水の日
3月22日。"World Water Day was first designated (制定された)by the United Nations
General Assembly(総会) in 1993."
日本は水に恵まれた国ですが、世界に目を向けると7億人以上の人々が健康を維持できる綺麗な水がない状態だそうです。
"Japan is luckily a well watered country, but more than 700 million people still do not have
access to clean and safe water for a healthy life."

50. 地価公示
平成28年3月22日に発表された価格は、心斎橋が商業地では日本一になったとか。
"tourists from overseas" が大幅に増えたことが影響しているようです。
「地価上昇」は、"rise in land prices" 、「地価公示」は、 "land price guidelines" とか
"official announcement of land prices" 等と表現されます。
平成31年3月19日に発表された地価の高額地点ランキングは、トップ10が全て東京でした。

51. 世界結核デー
3月24日。世界保健機関(WHO = World Health Organization)が1997年に制定。
1882年のこの日、ロベルト・コッホ博士が結核菌を発見しました。
"On this day in 1882 Dr Robert Koch announced he had discovered Mycobacterium
tuberculosis(TB)."
日本にも "Japan Anti-Tuberculosis Association" と呼ばれる「予防会」があります。
ほぼ撲滅されたかに見えた時期もありましたが、時々復活していることを伺わせるニュース報道があります。

52. 花冷え
桜の季節に来る「花冷え」。英語ではどう表現すれば良いでしょうか?
"cherry blossom chill" と言えなくもないですが、ちょっと分かりにくいと思います。
説明的に "return of chilly weather during the cherry blossom season." と言えばかなりイメージしやすくなります。
ちなみに「花見」は、 "cherry-blossom viewing" で、「花見客」なら "~~ viewer(s)" です。
「満開の桜が待ち遠しい」 "I can't wait for cherry blossoms in full bloom" ですね。

53. 世界演劇の日
3月27日。1961年に始まりました。"World Theatre Day was initiated in 1961 by the
International Theatre Institute ( ITI = 国際演劇協会 )."
"theatre(主に英)= theater(主に米だが劇場名等にはしばしば英国式綴りが用いられる)"
この言葉は、「(映画・演劇の)劇場」という意味の他に、「劇作品(とその出来映え)」「座席が階段状の教室」更に「軍事作戦展開中地域(舞台)」という意味まであります。
ちなみに「オペラ劇場」の場合は、 "theater" ではなく、 "opera house" と言います。

54. 国際こどもの本の日
4月2日は、童話作家アンデルセンの誕生日。
"Hans Christian Andersen's birthday, the author of many famous children's stories"
"International Children's Book Day" は、「子供が本と出会い、読書を始めることを促進する」ことを目的に1966年に制定されました。
"to inspire children to pick up a book and get reading"

55. 世界保健デー
4月7日は、"World Health Day" です。
「世界保健機構」 "WHO=World Health Organization" が1949年に制定しました。「グローバルな視野で、健康の大切さを喚起するため」に儲けられました。
"to draw worldwide attention to a subject of major importance to global health"

56. 馬耳東風
「人は東風(春風)が吹いたら心地よく感じたりするが、馬は何も感じない」→「東風、馬耳を射る」より。
こういう意味を考えると、英語での表現が見えてきます。「自分の言うことにその人物が聞く耳持たない」 "He turns a deaf ear to me." とか
"It's no use talking to him because it goes one ear and out the other."
またこのような言い方も出来ます: "He never listens to me. It's like talking to the wall."
このように見てくると四字熟語の便利さを改めて感じます。

57. 喫茶店の日
明治21年(1888年)4月13日、東京・上野に日本初の喫茶店「可否茶館」が開業したことに由来しているそうです。さて、英語では、 "coffee shop" がよく知られていますが、 "tearoom" や "cafe" もよく耳にします。いずれも「お茶」だけを出す店というイメージはなく、"a
restaurant where not only drinks but light meals are available" というものです。
他にも、 "coffeehouse" "coffee lounge" "tea parlor" など様々な言い方があります。

58. 十人十色
「考え・好み・性質が人によって違う」ということで、「三者三様」という言い方もあります。
英語では、"So many men, so many minds." "so many" の代わりに "several" や
"diverse"(種々の、多様な)と置き換えても同じ意味になります。
また説明的に、 "Everyone has his own ideas and tastes." と言えば伝わります。

59. チャップリン
4月16日。イギリス人の喜劇王、映画制作者、そして作曲家でもあったチャーリーチャップリンの誕生日です。 "Charles Chaplin was born on April 16, 1889, and died on Dec. 25, 1977.
He was an English comic actor, filmmaker, and composer."
代表作 "The Kid" "City Lights (街の灯)" "Modern Times" は、非常に有名な無声映画 (silent
movies) です。
チャップリンは昭和7年と11年、そして36年に合計4回来日しています。歌舞伎、文楽、相撲、鵜飼などが好きで、食べ物では、海老の天ぷらが大好物だったそうです。

60. なんとかなる
具体的な状況がないと掴みにくい言葉ですが、使う機会は多いですね。
"We can work it out." は幅広く使えます。その他、 "It will work out all right." "You'll be able
to manage somehow."
"Something will turn up anyway." などとも言えます。
「話し合いで何とかなる」と言いたい場合は、"Discussion may get you somewhere." と言えばニュアンスは伝わります。

61. 殺人?
物騒な話題ですが、英語では基本的に次の3つの単語が思い浮かびます:
"homicide"(様々なケースを含む)、"manslaughter"(計画的でないもの)、"murder"(殺意があるもの)
しかし、次の文はどういう意味でしょうか? "The math exam was murder." "The business
trip was murder."
実は "murder" には「大変難しいこと」「耐えがたいこと」という意味があり、特に口語ではこういう使い方がされます。また "kill" も「殺す」という意味の他に、"My feet are killing me." 「足が酷く痛い」、"She kills me with her smile." 「彼女の笑顔にうっとりする」というような表現もあります。1973年、ロバータ・フラックが唄ってヒットした "Killing Me Softly With His Song" 「やさしく歌って」なんていうのもありました。

62. テーブルの下?
文字通りに訳すと "under the table" です。
"The cat is under the table." なら文字通り、「猫がテーブルの下にいる」ということですが、 "He got paid under the table." だとどうでしょう? 実は "under the table" には日本語で言う「袖の下=賄賂」という意味があります。「袖」でも「テーブル」でも「下でコソコソ」というイメージがあり、「裏金」や「賄賂」という意味を持ちます。
また、 "He drank himself under the table." のように「酔いつぶれた状態」を意味する場合もあります。

63. 主権回復の日
昭和27年4月28日、前年9月8日に調印された「対日講和条約」(サンフランシスコ平和条約)が発効、日本の主権が回復しました。
The Treaty of Peace with Japan (San Francisco Peace Treaty) was officially signed on
September 8, 1951. And It came into force on April 28, 1952.
これが正真正銘の「終戦記念日」と言えます。
ただ、実質的に日本の主権が回復したかを考えると、甚だ疑問が残る気がします。

64. 渋滞
GWなど連休になると、「交通渋滞」の様子がニュースでよく登場します。
一番よく耳にするのが、 "traffic jam" です。"jam" には、動詞で「ぎゅっと詰め込む」という意味があり、そこから名詞でも「混み合い、混雑」の意味を持ちます。
正式な言い方としては、 "traffic congestion" があります。"congestion" は、「過度に密集している状態」を意味します。
ちなみに "nasal (= of the nose) congestion" は、「鼻づまり」です。

65. 憲法記念日
昭和22年5月3日、現日本国憲法が施行されました。
"The Constitution of Japan came into force on May 3, 1947."
これを記念して、翌年、祝日とされました。
"To commemorate this, the date has been celebrated as a national holiday since 1948."
現憲法では、国民主権と、天皇が国と国民統合の象徴であることが謳われています。
"The present Constitution declares the sovereignty lies with the people, and the Emperor is
the symbol of the state and the unity of the people."

66. みどりの日
"Green Day" と言いたくなるところですが、これだと文字通り「緑色の日」「青野菜の日」とかになってしまうので、「緑樹」や「草木」を意味する "Greenery Day" という言い方になります。
「みどりの日」は元々は、4月29日、昭和天皇の誕生日 "Birthday of Emperor Showa" で、崩御されて後に、「生物学者で自然を愛された」 "a biologist who loved nature" ことで、そのように名付けられましたが、GW全体の見直しもあり、4月29日は "Showa Day" となり、「みどりの日」は単に「国民の休日」 "Holiday for the (Japanese) Nation" だった5月4日に移動して新たな祝日となりました。 (since 2007)

67. こどもの日
ずばり "Children's Day" で、昭和23年7月公布されました。子供たちの成長と幸福を祝う祝日です。
"This is a national holiday, since 1948, to celebrate the healthy growth and happiness of
children." この日は昔から「端午の節句」と呼ばれ、男の子のお祭りでした。
"It has been a day of celebration called 'Tango no Sekku' or Festival for Boys since ancient
times."
昭和23年に5月5日を「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」お休みの日と決められ、それ以来、端午の節句を「こどもの日」と呼ぶようになったということです。「母に感謝する」という趣旨もあったんですね。この日が子供の方に焦点が当たることで、逆に大正時代からあるにはあった「母の日」の存在意義がこの頃から増していったと思われます。

68. 国際ノーダイエットデー
International No Diet Day was created by Mary Evans Young in 1992. この Mary という人は、英国の "Diet Breakers" という団体の指導者で、自ら体験した「拒食症」 "anorexia" の後、人々に啓発を始めました。「自分のありのままを受け入れ、評価してあげましょう」と。
"She worked to help people appreciate themselves for what they are, and to appreciate the
body they have."

69. コナモンの日
5月7日。語呂合わせから、日本コナモン協会が2003年に制定。
"Wheat Flour Cooking Day was established by Japan Kona-mon Association (いずれも正式英語名は不明)in 2003."
"Kona-mon is the general term for wheat flour cooking such as okonomiyaki or Japanese-
style pancakes, takoyaki or octopus dumplings, and udon or thick Japanese wheat noodles."
「コナモンとは~~のような小麦粉料理の総称です」というような説明をすればイメージできると思います。

70. 世界赤十字デー
5月8日は、赤十字の創設者で初のノーベル平和賞受賞者、アンリ・デュナンの1828年の誕生日です。
This is the birthday of Henry Dunant (born on May 8, 1828), the founder of International
Committee of the Red Cross (ICRC) and the recipient of the first Nobel Peace Prize.
この日の正式名称は、 "World Red Cross and Red Crescent Day" です。
"Red Crescent" は、赤新月社(イスラム教諸国 における赤十字社の支部)を指します。














この記事へのコメント